FC2ブログ
10.20
Sat
松本市あがたの森公園にて
EM5m2_3419.jpg
OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZD ED 12-100mm F4 IS PRO, RAW

今週もお越しいただきありがとうございました。
日曜日はブログ更新休みます。

comment 0 trackback 0
10.19
Fri
平地の紅葉も進んできました。
他の方のブログをみると今年の紅葉はいまひとつのようです。

松本市あがたの森公園
EM5m2_3418.jpg
OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZD ED 12-100mm F4 IS PRO, RAW

comment 0 trackback 0
10.18
Thu
千頭星山から下ること約1時間45分で甘利山に到着。
足が痛くなければ1時間半といったところでしょう。
OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZD ED 12-100mm F4 IS PRO, RAW

甘利山山頂から。駐車場への道と甲府盆地が見えます
EM5m2_3414.jpg

南側の山
EM5m2_3415.jpg

甲府盆地
EM5m2_3416.jpg

1本だけ綺麗に紅葉している木がありました
EM5m2_3417.jpg

調べてみると、甘利山からは甲府盆地の向こうに富士山がよく見え、
レンゲツツジとの撮り合わせ、夜景も綺麗で、雲海も見られるようです。

<松本城ブルーライトアップ>
世界骨粗鬆症デーに合わせて、松本城のブルーライトアップが10月20日(土)に行われます。
時間は日没から午後10時まです。

comment 0 trackback 0
10.17
Wed
展望地から千頭星山山頂に戻る道を間違いそうになりました。
疲れから下ばかり見て道なりに歩いたので、曲がるべき所を真直ぐ行ってしまいました。
5分ほどで来た道と違うことに気付き、(道に迷ったら戻れ!)の原則で戻りました。
冷静になって道を探すと道標が倒木の影に隠れていたのです。
山の怖さの一端を知った出来事でした。
OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZD ED 12-100mm F4 IS PRO, RAW

展望地から手前の山をズームアップ
EM5m2_3411.jpg

ときどきくる足のつりに休みながら下山します。
御所山・青木鉱泉への分岐の下で霧が流れてきました。
甘利山まであと1時間ほど。少し余裕がでて撮影。

EM5m2_3412.jpg


EM5m2_3413.jpg

後日、調べたのですが、足のつりは水分やミネラルの不足、足の疲労が原因。
つったときに芍薬甘草湯が効くようですが、血圧降下剤を常用しているので、かかりつけ医に問題ないか相談してみます。

comment 2 trackback 0
10.16
Tue
奥甘利山から千頭星山へ向かいます。
緩い登りもありますが、多くは急な登りで、締まった土の道なのが救いです。
Canon PowerShot G9X

先の台風のためか倒木が道を塞ぎ、乗り越えたり、くぐったり、笹やぶに回避すること7、8回
G9X_0407.jpg

御所山・青木鉱泉への分岐。甘利山から約1時間35分
G9X_0408.jpg

千頭星山山頂に到着。甘利山から約2時間
G9X_0409.jpg
木々に囲まれた小さな平地で展望は無く、苦労した割に達成感が薄い。
腰掛ける場所は細い丸木3本で、敷くものがあった方が良い。

昼食後、千頭星山山頂から10分の展望地へ。
展望地といっても急な下り坂の途中(当然帰りは急な登り)
ここから薬師岳、観音岳、地蔵岳の鳳凰三山が見られるがガスで見えず
EM5m2_3409.jpg
OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZD ED 12-100mm F4 IS PRO, RAW

ガスの切れ目から見えた辻山の大崩落。右手前の山が美しい
EM5m2_3410.jpg
OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZD ED 12-100mm F4 IS PRO, RAW

この展望地でとうとう足が音を上げ、ふくらはぎと太もも裏がつり、痛みでしばらく動けませんでした。
千頭星山から下山する途中も時々つってしまい参りました。
普段鍛えていたつもりですが、自分には過剰だったと反省です。

comment 0 trackback 0
back-to-top