02.03
Fri
Canon EOS 80DとTokina AT-X 11-20 PRO DX F2.8 を導入しましたので、テストを兼ねて松本市街を撮りにいきました。

星の固定撮影用にCanon 60DとTAMRON SP AF17-50mm F2.8 XRの組み合わせで使っていましたが、

60D用のダブルズームの出番がなく、TAMRON SP AF17-50mmでは広角側が足りないため、昨年末に思い切って60Dダブルズームを

下取りに出し、Canon 80DとTokina AT-X 11-20を購入しました。

80DとTokinaのどちらもキャッシュバックがあったのも思い切った理由のひとつです (^_^;)

「開放F2.8でフィルターが使える」が条件で、星景テストレポートを参考にしてこのレンズにしました。

予定外の出費で、今年はレンズ等の購入は控えることになります・・・泣

Canon EOS 80D + Tokina AT-X 11-20 PRO DX F2.8

11mm(換算17.6mm) F2.8
80D_0001.jpg

11mm F3.2
80D_0002.jpg

11mm F5.6
80D_0003.jpg

F2.8では下側両端の画像が悪くF5.6でかなり改善

11mm F2.8
80D_0004.jpg

11mm F5.6 逆光耐性は良いよう
80D_0005.jpg

19mm(換算30.4mm)
80D_0006.jpg

Canon 80DとTokina AT-Xの組み合わせで出てくる画は悪くないと感じましたが、

操作性はOLYMPUS E-M5 MarkII の方がよいと感じました。

初期設定ではフォーカスエリアの移動が右肩のボタンを押さないと出来ないのですが、

先ほどネットを見てマルチコントローラーのみで移動できるよう設定できました。


comment 0 trackback 0
back-to-top