05.04
Thu
松本市「歴史の里」です。

どんな博物館か知らなかったので調べてみました。

松本市公式観光情報ポータルサイト「新まつもと物語」によると

>信州の近代をテーマに貴重な建物を集めた「たてもの野外博物館」で

>江戸時代後期から昭和時代までの歴史的建造物が立ち並んでいる。

>県宝旧長野地方裁判所松本支部庁舎、旧松本少年刑務所独居舎房

>工女宿・宝来(ほうらい)屋、旧昭和興業製糸場などの建物がある。

八重桜の幹に「普賢象」という札が付いていて、それによると、

緑色の二本のめしべが普賢菩薩の乗るゾウの鼻に似ていることから「普賢象」と名がついたとありました。

撮影日:5月3日

OLYMPUS E-M5 MarkII, RAW

M.ZD ED 12-100mm F4 IS PRO
EM5m2_2178.jpg

M.ZD ED 12-100mm F4 IS PRO
EM5m2_2179.jpg

M.ZD ED 75-300mm F4.8-6.7 II
EM5m2_2180.jpg

BCL-0980(9mm F8 Fisheye)
EM5m2_2181.jpg

からたちの花 M.ZD ED 12-100mm F4 IS PRO
EM5m2_2182.jpg

からたちの花は、島倉千代子さんが唄っていた「からたち日記」が有名ですが、初めて花を見ました。
からたちはアゲハチョウの食草で、子供の頃、からたちの木に幼虫を見つけに行ったものです。


comment 0 trackback 0
back-to-top