08.17
Mon
松本市の牛伏川フランス式階段工です。

今では有名になっていて県外ナンバー車も見られます。

正式は「うしぶせがわ」ですが、すぐ近くのお寺は牛伏寺(ごふくじ)と呼びますので、地元でも「ごふくがわ」と呼ぶことが多いです。

松本中心地から30分ほどで行けますので、川遊びやバーベキューを楽しむ人が多くいます。

OLYMPUS E-M5 Mark2 + M.ZD ED 12-40mm F2.8 PRO, RAW

EM5m2_0339.jpg

EM5m2_0340.jpg

EM5m2_0341.jpg



松本市美術館で丸山祥司氏の写真展「信州のカノープス」を見てきました。
松本市はカノープス(りゅうこつ座の一等星・赤緯-52度42分)を見られる北限に近いのですが、
塩尻峠や中山霊園など信州各地で風景とともに捉えた見事なカノープスの写真が多く展示され、
とても感動しました。冬の星ですので、厳寒のなかでの撮影は困難を極めたようです。
松本市美術館市民ギャラリーで8月24日まで開催されています(入場無料)


comment 2 trackback 0
トラックバックURL
http://jupimoon74.blog69.fc2.com/tb.php/1889-1985391e
トラックバック
コメント
松本市内から30分で、こんなに素敵な川遊びのできるところがあるなんて。。。
良い環境ですねぇ~♪
私の従妹は老後の永住の地として松本に移り住んでいますが、この環境に惹かれていったのでしょうね。
お写真拝見していて納得できてきました。
aunt carrot | 2015.08.17 23:08 | 編集
aunt carrot さん、いつもありがとうございます。
松本市内は近代化&レトロ調、少し市外に出れば自然豊か、北アルプスが見えるのも魅力でしょうか。
あと、駅から徒歩15分の松本城の存在が大きいですね。
jupimoon74 | 2015.08.18 22:38 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top