02.09
Tue
Canon PowerShot G9X にはクリエイティブショット機能があるので使ってみました。

クリエイティブショットは、ワンショットでオリジナル1枚+カメラが自動で画像効果とトリミングした5枚の計6枚の写真が保存されます。

選択できるカテゴリーは「レトロ」「モノクローム」「スペシャル」「ナチュラル」の4つです。

カテゴリーと構図以外は撮影者の意図が反映されないのですが、ときに意外な効果の写真が得られるときもあります。

効果が付けられた写真を1枚にまとめるためには、ソフトウェア「Picaso」や「Fotor」などを使う必要があります。

Canon PowerShot G9X

カテゴリー「モノクローム」で撮った中からの2枚
G9X_0021.jpg

G9X_0022.jpg


カテゴリー「ナチュラル」で撮った5枚をPicaso3を使い1枚に。
G9X_0023.jpg

Fotorも使ってみました。 E-M5 Mark2 で撮影した4枚を1枚に。
EM5m2_0749.jpg

Fotorは分割バリエーションが多く使いやすいです。
こういうことは写真ブログでは余り使わないでしょうが、ホームページ用に使うには良いかもしれません。


comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://jupimoon74.blog69.fc2.com/tb.php/2030-756c88ca
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top