07.23
Sat
クラフトパ-クの池の生き物です。

メダカはなぜか岸近くに集まり、たくさんのアメンボがいました。

また、シオカラトンボのほか、赤いトンボやヤンマ系トンボも飛んでいました。

この時期、昆虫は恋の季節のようです。

OLYMPUS E-M5 Mark2 + Telecon MC-14 + M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO , RAW, トリミングあり

シオカラトンボ
EM5m2_1261.jpg

シオカラトンボの雌(ムギワラ)雄(シオカラ)
EM5m2_1262.jpg

アメンボ
EM5m2_1263.jpg

メダカ
EM5m2_1264.jpg

メダカ
EM5m2_1265.jpg

シオカラトンボとオオシオカラトンボがあり、大きさは同じ位といいます。
シオカラトンボの未成熟オスはメスとおなじような麦わら色だということです。
翅先の黒色が少ないのでシオカラトンボでしょう。
改めて蝶やトンボの見分けは難しい~。

今日は珍しく早い時間の更新です。いつも遅い時間の更新ですみません。

明日、日曜の更新は休みます。


comment 4 trackback 0
トラックバックURL
http://jupimoon74.blog69.fc2.com/tb.php/2172-b95c3d16
トラックバック
コメント
何時もご訪問有り難うございます。
懐かしい風景ですね。信州は水が生きているのですね。子供のころを思い出しました。有り難うございました。
走れ‼でんどう三輪車 | 2016.07.24 00:24 | 編集
メダカの画像に魅かれます。
絶滅危惧種の日本メダカなら貴重な写真です。
最近は外来種や品種改良種などが主流かと思います。
飼われているとはいえ自然豊かさを感じさせる写真です。
つぅたろう | 2016.07.24 08:42 | 編集
コメントありがとうございます。
そうですね。子供の頃は小川でメダカ見たり、魚とりをしたものです。
信州の一時期汚れていた川も下水道の普及で現在はきれいな川が多くなっています。
jupimoon74 | 2016.07.24 13:15 | 編集
このメダカが日本メダカなのかネットで調べましたが、分かりませんでした。
昔はどこにでもいた日本メダカが絶滅危惧種とは残念なことです。
この池には裏山の水が流れ込んでおり、生き物にはよい環境だと思います。
jupimoon74 | 2016.07.24 13:22 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top