10.03
Mon
横須賀線で横浜駅から北鎌倉駅まで20分余り。

意外に近いことを知り、行ってきました。

東慶寺入口では、金木犀のよい香りが出迎えてくれました。

後で知りましたが、金木犀の反対側に銀木犀もあるとのこと。

山門を抜けると、萩や彼岸花など多くの花が咲いていて、花も楽しめました。

あと、撮れませんでしたが、リスも見かけました。

OLYMPUS E-M5 + M.ZD ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ, RAW (今回の機材は軽量で)

秋明菊
EM5m2_1529.jpg

EM5m2_1530.jpg

四賀光子の歌碑
「流らふる大悲の海によばふこゑ時をへだててなほたしかなり」
EM5m2_1531.jpg

四賀光子について調べてみると、驚いたことに長野県人でした。
1885年長野県に生まれる(諏訪郡四賀村(現諏訪市)と上水内郡長野町(現長野市)の二説があった)。本名:太田みつ
松本で教師を務める間に太田水穂(長野県塩尻出身)と知りあい、作歌を始める。
「四賀」は父の出身地諏訪郡四賀村から。
東京女子高等師範学校(現・お茶の水女子大学)卒業し、歌人太田水穂と結婚。
若山牧水主宰の歌誌『創作』を経て、1915年水穂の歌誌「潮音」創刊に参加。
1914年鎌倉に移り住み、太田水穂は1955年没。四賀光子は1976年没。東慶寺に夫妻の墓がある。

本堂内よりの金仏
EM5m2_1532.jpg

ムラサキシキブ
EM5m2_1533.jpg


comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://jupimoon74.blog69.fc2.com/tb.php/2233-2b4527a5
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top